セレブ人妻のゆうこさんが不機嫌になった件

セレブをカフェで隠し撮り

今回は久々に人妻さんをハメ取りしましたよ。ゆうこさん(仮名)27歳です。どうですかこのセレブリティーな雰囲気。飯島直子似のべっぴんさんです。画像だけでも十分に上品な雰囲気が伝わっていることと思います。しかしこのようなセレブな方ほど色々我慢が多く、遊びたい欲があることも事実。

住んでいる場所などは詳しくは言えませんが、聞けば誰もが納得のセレブな土地にお住まいでございます。ちなみに結婚は4年目で子供はいないとのこと。出会い系やる人妻ってみんな子供いないんですよね。ま、考えてみればこれは当たり前か(笑) 子供がいたら、こんな昼間っから不倫ごっこしてる場合じゃないですからね。まあ、女性独特の子供ができないストレスもたいのも、ひょっとしたらあるのかもしれませんね。

『ゆうこさん写真撮らせてくださいよ。ボクちょっとカメラやってるんですよ』
『私なんか撮ってどうするの?』
『家宝にします』
『やまちゃんって面白いのね』
『ゆうこさんの写真でTシャツを作って、それ着て寝ます』
『なにそれ~(笑)』
プライドをくすぐりまくって、断れない雰囲気を出しておいて、ホテルに誘うという作戦です。

『ゆっくりできるところに行きませんか?』
セレブ相手にホテルという言葉は禁句です。(たぶん)30分程のらりくらりとかわされましたが、なんとかホテル連れ込み成功。粘り勝ちです。そして早くもティムポはビンビンです。

さすがのボクも今回は緊張しました。所々で手が震えてましたもん。でも相当粘りましたよ。ホテルに入り、とりあえずおだてて、写真を何枚か撮らせてもらったんですがこれが全部駄作。表情を全部作りすぎているんですね。 ”おすまし” していると言えばいいんでしょうか。そういう写真はイケてません。セレブというか、ちょっと撮られ慣れている人は、すぐに表情を作るから被写体としては向いていません。

やっぱ女性は素の姿が一番です。本気で感じている顔はやっぱり美しい。これをカメラに収めずして何を収めるのかっていう感じです。ゆっくりと抱きしめて、ブラをはずしてベッドに押し倒します。ゆうこさんも久々だったらしく 『あ~ん、う~ん、いい~』 とよがりだしました。そして今回もお父さんバイブの力を借りることに。ぶい~~~ん。いやらしい音が部屋中に響き渡ります。 『ナニそれ~、あ・・・あ・・・』 少しは感じているようです。女性を変態にさせるには、先にこっちが変態にならなければいけませんからね(笑) しかし、どうも濡れが甘い・・・。

お父さんバイブ登場

『シャワー浴びますか?』 エスコートしつつも、こちらが主導権を持つような展開に持っていきます。 『じゃあ2人で入りましょう』 ツーショット風呂成功。 『入りますか?』 ではなく 『入りましょう』 と決め付けてしまうところがポイントです。この時ボクは、セレブを思うがままに操る快感に酔いしれていました。まあ、実際はどのくらいのセレブか分かりませんが!!!(笑) まあ、いいでしょう。

セレブと混浴

『お風呂にまでカメラ持ってくるの!?』 というツッコミにも、もろともせず、果敢に激写をしていきます。ゆうこさんの機嫌がだんだん悪くなっていくのをうっすら感じましたが、そんな事はかまってはいられません。こっちには、ハメ撮りという使命があるのですからww とりあえず洗いっこをします。泡をたっぷりつけて、ゆうこさんの全身を洗ってあげます。もちろん後ろからおっぱいを揉み揉み。股の下から手を這わせ、クリちゃん周辺を刺激します。

お風呂から上がったら、お茶を飲むヒマも与えずに今度はローターで攻め立てます。しかし、どうもカメラを向けると、表情を作ってしまうゆうこさん。困ったセレブです。しかも思った通りに感じれていないんでしょうか?まだまだ濡れが甘いようです。この頃でしょうか?明らかにゆうこさんが怒っていると感じたのは(笑)

セレブへのピンクローター攻め

怒っていても、もうお互いに脱いでしまっているものは止められません。とりあえず、少しでも感じてもらおうと、手マン作戦に変更。ん~、まだこっちの方が感じてるみたいです。ま、一回目のエッチから全てをさらけ出す女性のほうが、よく考えると変態かもしれませんけどね(笑) しかしおっぱいも見事なモンです。てゆうか体は見事です。もうちょっと性格がよければ・・・。まあ、育ちが良すぎるとちょっと傲慢な性格になるんでしょうかね。

手マン攻撃

おフェラをしてもらいます。画像は一応ぼかしを入れていますが、分かるでしょうか?あんまり楽しくなさそうな表情が!?(笑) ここまでくると笑ってしまいます。たぶん、今日が最初で最後のエッチでしょう。もう目一杯楽しむしかありません。2人の間に流れる不穏な空気。さっきまでオープンテラスで楽しく話していたのがウソのようです。しかし、ゆうこさんが怒っている原因はわかってるんです。それはボクの強引なハメ撮りです(笑)

生フェラ

この時点で半分ヤケになってました。なので思いっきり後ろからついてヤリました。もちろんゴム付けて。生だと拒否されるきっかけを作ってしまいかねません。それはそうと、いいケツでした。ケツだけは絶品です。性格はあんまり良くないけど(笑) ケツだけは超美尻です。しかし、他はダメ。エッチの最中だって、声を殆どあげなかったですからね。早く終わってほしかったんでしょう。まあ、仕方ありません。天は二物を与えずとはこのことですね。

バックでつきまくり

こうなりゃ、滅多にやらない体位とか試そうと思ったんですが、知らないし、やったこともないのでやめておきました(笑) 最後は無難に正常位でいきました。しかしやっぱりこの人妻さんはイイ女です。でももう会えない(笑) 会えないと思うと、急に愛しくなってきたりしますよね。人間って不思議です。しかし、こういうことボクは慣れっ子です。

腹上射精

普通、ボクはエッチが終わった後のこういう写真は撮らないんですが、旅の恥は掻き捨ての精神で撮らせていただきました。あんまり気持ちよくなさそうな表情がおわかりいただけるでしょうか(笑)? というか半分スネ気味です。まあ、こういうこともあります。いいんです。エッチができれば(笑)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:管理人の体験談

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ